「レントラックス」セミナー&懇親会の内容と感想

クローズドASPレントラックスのキャッシング&車査定セミナー&懇親会に参加してきました。
内容や感想を披露いたします。

レントラックスとは?

レントラックスはクローズドASPです。
クローズドASPとは誰かの紹介がないと登録できないASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)のことです。

私はアフィリエイトフレンズの紹介で登録しました。
アフィリエイトフレンズとは、「クローズドASPの高額案件が使える」「大手ASPが特別単価を提供してくる」等報酬アップを無料でサポートしてくれる団体です。無料で登録できます。

アフィリィエイトで売上を伸ばす手っ取り早い方法は報酬単価が上がることです。
例えば、1成約1000円の案件が3000円になれば単純に売上が3倍になります。

クローズドASPは高単価の案件及びクローズド案件を抱えているASPですが、直接登録はできません。

その理由はセミナー後の懇親会でレントラックスのスタッフの話を聞いて判明しました。

レントラックスは基本、無料で登録できる案件が大半らしいのですが、オープンにするとあの手この手で自己アフィリの成果を上げようとするアフィリエイターがいる。そこでそういったアフィリエイターを排除する為にASPの登録をクローズドにしているとのことです。
尚、レントラックスに登録するにはアフィリエイトフレンズ経由以外に特定のアフィリエイト塾からも出来るようです。

今回のセミナーの1つである「キャッシング」ジャンルはどのASPでもクローズド案件が大半です。
もちろん、レントラックスでもクローズド案件ですが、他のASPよりも高単価の設定になっています。

セミナー内容

セミナーは2部構成で①キャッシング②車査定でした。

かなり内容の濃いセミナーでした。
キャッシングは提携条件が厳しく、また獲得状況で提携解除もあるそうです。
案件別の提携条件、単価、CVR、承認率等、セミナーに参加しないかぎり知りえない内容ばかりでした。

レントラックスはかなりアフィリエイターの事を考えたASPと言えます。
提携をスムーズに行う為の手順とか、広告主との単価交渉の仕方を紹介してくれました。

2部の「車査定」については元「車買取店」のオーナーだったスタッフがセミナーをされたので非常に分かりやすく、又、参考になりました。
ただ、前半で時間が超過したため、後半はかなりはしょった説明になりました。

残念だったのは資料が配布されなかったことです。
スライドの内容を書き写すのに必死でした。
アフィリエイターの中にはデジカメでスライドの写真を撮っている方もいました。
「後で資料はお渡しする」という話でしたが、当日はその後、何の話もありませんでした。

後でメールでお知らせが届くのでしょうか?
資料がないと、上記ジャンルの取り組みは厳しいです。

懇親会の内容

セミナー終了後、場所を移して懇親会(立席)がありました。

今回はレントラックスが大阪に支店を開設したことに伴うお披露目を兼ねていたようです。
オードブル何点か飲み物。
懇親会の参加費は無料だったのですが、豪勢でした。

最初、アフィリエイトフレンズ の代表の梅津さんから挨拶がありました。梅津さんを直に見るのは初めてでした写真の通りの方でした。

挨拶の中で「どのASPも売り上げはうなぎのぼり」「アフィリエイトは今、バブル状態」という発言がありました。

私にはそういう実感は全くないのですが、懇親会で話をしたアフィリエイターは「まさにバブル」と宣い、「売上は以前と一ケタ違う」と言ってました。

ただ、その方はブラックSEOの手法でサイトを上げているらしく、「いつ飛ぶか不安」と言っていました。

他のアフィリエイト会社を経営されている方は、基本、ペラサイトで収益を上げているとのこと。
ペラサイトについては以前、アクセストレードのセミナーで知り合った方もペラサイト作成が基本と言っていました。

先のことはどうであれ、現在、ペラサイトは稼げるようです。
もっとも、内容によりますが。
ペラサイトについては後日、記事にしたいと思います。

ASPのセミナーや懇親会にはどんどん参加すべきだと思います。
ただ、大阪での開催は少ないですね。
アクセストレードは大阪に支店があるので年何回かセミナーが開催されています。

しかし、レントラックスが大阪に支店を開設したので今後、大阪でセミナー開催が増えることは間違いないです。
楽しみです。

尚、私はいままでレントラックスはほとんど使っていなかったのですが、今回、良さがよく分かったので今後は積極的に使っていこうと思いました。

今回のセミナー&懇親会に参加して本当に良かったです。

スポンサードリンク

ASPの関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ