アドセンス広告をクリックしないでサイトを見るには?

アドセンス広告を自サイトに貼っている場合、広告主のサイトを見たい時はないですか?
しかしながら、アドセンスでは自分で自分のアドセンス広告をクリックすることは禁止されています。

アドセンスの広告をクリックしないで広告主サイト(リンク先)を見る方法とは?

アドセンスで自己クリックは禁止

考えれば当たり前のことなのですが、世の中には不正をする人がいますので、グーグルアドセンスでは自己クリックに厳しい対応をしています。

なぜなら、広告主に何らのメリットがないからです。

広告主は1クリックいくらという広告費をグーグルアドセンスに支払っています。
その中からアフィリエイターに報酬が支払われます。

広告主はユーザーは自サイトに誘導して、自社の商品を買ってもらったり、サービスを利用してもうらことで収益が上げ、広告費を回収します。

無駄なクリックは避けたいものです。

クリックばかり多くて、収益が上がらないと赤字になり、目も当てられません。

その点、自己クリック、あるいは、仲間にクリックを頼むことは無駄なクリックを発生させることになります。

こうなると、最悪、広告主がアドセンス広告を使わないということにもなりかねないので、アドセンスとしてはそういったクリックには厳しく望んでいます。

アドセンス広告をクリックしないでサイトを見る方法

(1)ます、アドセンス広告の上で右クリックして「リンクアドレスをコピー」します。

[例]
下記はとあるサイトさんの広告を右クリックして「リンクアドレスをコピー」したものです。(私のサイトではありません)


http://www.googleadservices.com/pagead/aclk?sa=L&ai=CVZm61PlOU4TsFde18gXepYCICqTW3tgE9NvUhZYBpJKbsb0BEAEgvKqHJFDk0J_9AWCJq9SErBSgAaboje4DyAEBqQJKeY6Obv1EPqgDAcgDwwSqBJQBT9Cr1T21s0T7NUxJydE5_zUS3DftO5nyoQFqAVYWa_TeaRXjpCmbCvvkAmsHqHoWcdmEScGNgqMfYXJvlF1r2zq3jPzv-_IhY7A_wn3RuheaIUjvu8COxVpcT4VLC72BiywME4B5AJjhVPN3vlx384LV_9K-xWDSXJnfoCceNw8cv_w67BQv_RrDMTer_6uroluQGogGAYAHwpfyEQ&num=1&cid=5Gjs4Mo14jHt9ZSzByFCtTw_&sig=AOD64_0aNVfzVbUSIfdMruk6pEpqgLUfZA&client=ca-pub-5280050184809289&adurl=http://www.pharmacist-worker.com&nm=20&mb=2&bg=!A0TPozWNzkk8aAIAAAB9UgAAAD0qAOFC2qei1R5HjwlXL_iDcONW_S2Mq3kGS9FrSVvXzrVUASrX_1Pl46eh4wBnLQTOuBX0joRVExmZGTF-OSw8k-EQA-2MwPLMG5ghPNdO9g0ZPSn1tmZNiNRKJusKHF2-f3yCUAJiihzp63VGJ2lpR-ltoki4sJIfmBgC1OZHVtqCjnFa-tT_mULh3Sf83N-k8sZ9aBnufHRQ7h8BSne6XhRYefM3VTE3rGGAYLxJGa4d2QDHydmKg1EvuItVu4Kly9aYIUu47mG7dt3kcFtMlrvYujYgwWDpXZJ1vHfs4bJkINU

(2)「http~」を探す
メモ帳等に貼り付けたら、ソースをドラッグ。
次に「Ctrl+F」を押す。
検索する文字に「http」を入れて、検索。
1つ目の「http~」は、グーグルアドセンスのリンクアドレス。
(例)「http://www.googleadservices.com/~」

大抵、2つ目が広告サイトのリンクアドレスです。
(例)「http://www.pharmacist-worker.com~」

ただ、「http」以下が非常に長いです。
広告主のサイトは「.com」や「.jp」等のドメインまでか、その後の「/」までが、アドレスになります。
(例)「http://www.pharmacist-worker.com」

(3)サイトのURLにアクセス
これをコピーしてブラウザーのアドレスバーに貼り付け、「Enter」を押すと、広告主サイト(アドセンスをクリックした時に表示されるページ)が表示されるはずです。

スポンサードリンク

アドセンスの関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ