アドセンス広告掲載での注意点(1)

「AdSense プログラム ポリシー」に違反すると、警告を受け、場合によっては、広告配信の停止、最悪、アカウントの停止に至る場合があります。
アドセンス広告をサイトに掲載する時は、「AdSense プログラム ポリシー」に準拠する必要があります。

「AdSense プログラム ポリシー」(https://support.google.com/adsense/answer/48182?hl=ja)を一部掲載しております。

無効なクリックとインプレッション

サイト運営者様が自分の広告をクリックしたり、手動や他の方法で表示回数やクリック数を作為的に増加させたりすることは禁止されています。

≪コメント≫
当たり前のことだが、ユーザーのクリックに対して広告主が広告費を払っている。目的はユーザーを自サイトに誘導して商品の購入やサービスの利用を促すこと。そして費用を回収する。

従って、単にクリックするのみの行為はご法度である。

クリックの誘導

サイト運営者様が自分の広告をクリックするようユーザーに促したり、クリック数を増やすために不正な方法を使用したりすることは禁止されています。これには、広告の表示や検索に対してユーザーに報酬を提供することや、そうした行為に対して第三者に支払いを約束すること、個々の広告の横に画像を配置することなどが含まれますが、これらに限定されません。

≪コメント≫
★警告を受けました。
アドセンスの周辺の言葉には特に注意を払う必要がある。
Google の広告ユニットの上部にラベルを表示する場合、使用できるのは「スポンサーリンク」や「広告」のみ。
その他のラベルはNGである。
ただ、ウェブサイトによっては「スポンサードリンク」や「PR」という表示も見受けられるが、「AdSense プログラム ポリシー」には記載がないので、「スポンサードリンク」や「PR」が無難だ。

さらに注意すべきは下記の点。
★広告配信が停止になりました。
「ページの他のコンテンツと見分けが付かないような広告のデザインやレイアウトを使用すること。」
「広告と見分けが付かないようなサイトのコンテンツのデザインやレイアウトを使用すること。」

ページのコンテンツの一つとユーザーに認識して貰った方がクリックされやすいのだが、「AdSense プログラム ポリシー」ではNGである。

従って、ラベルと付けたり、アドセンス広告の背景色を変える等の方法が考えれる。

コンテンツ ガイドライン

サイト運営者様は、コンテンツ ガイドラインに違反するコンテンツを含むページに AdSense コードを配置することはできません。これには、成人向け、暴力的、人種差別的なコンテンツなどが含まれます。詳しくは、禁止コンテンツに関する記事をご覧ください。

≪コメント≫
★警告を受けました。
コンテンツの部分は、上の「無効なクリックとインプレッション」・「クリックの誘導」以前に注意すべき点である。

私は「報酬を提供して、広告や商品のクリック、検索、ウェブサイトの閲覧、メールの購読をユーザーに促すプログラムに関連するコンテンツ」について警告を受けました。

著作権で保護されているコンテンツ

著作権法で保護されているコンテンツを含むウェブページでは、AdSense サイト運営者様がそうしたコンテンツの表示に必要な法律上の権利を有していない限り、Google 広告を表示できません。

ウェブマスター向けガイドライン

AdSense サイト運営者様には、ウェブマスター向けの品質に関するガイドラインを遵守していただく必要があります。

≪コメント≫
過剰なSEO 対策を禁止する項目です。

スポンサードリンク

アドセンスの関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ