おすすめコピペチェックツール

記事作成を外注しました。
記事作成を外注した場合の問題点はコピーコンテンツです。
そこで、コピペチェックツールの購入を検討しています。
気になったののは「CIA Shadow」と「コピペリン」です。
無料のツールもありますが、制約が多いので使う気はしません。
おすすめのコピペチェックツールとは?

「CIA Shadow」とは?

「CIA Shadow」は2015/01/22に販売登録された記事コピペチェックツールです。
「CIA Shadow」の特長は次の機能です。

1.コピー貼り付け検索
2.ファイル検索
3.2000文字を約15秒でチェック
4.記事一致率も一目で分かる
5.高精度解析分析
6.初心者でも簡単ワンクリック機能
7.コピー記事のURLも丸わかり
8.重複場所詳細チェック
9.エクセル完全出力機能
10.高速化機能
11.一致度、区切り、連続一致文字数変更機能
12.チェック検索回数無制限
13.バージョンアップ無料
14.複数ファイル重複チェック

◇特典は下記の3つの機能がある一体型になったソフトです。
1.流行りのスマホサイトアプリTube SmartPhone App
2.簡単にPCサイトが作れるアプリTvbe PC App(TPA)
3.モバイルアフィリエイト専用サイト制作キットTube Movie Kit

「コピペリン」とは?

「コピペリン」は2013/11/14に販売登録された記事コピペチェックツールです。
WEB用コンテンツを外注して不安を感じたことが有る方はこの「コピペリン」がチェック作業を効率化させ解決へアイスとします。

≪使い方≫
1.簡単!チェックしたいファイルを選択(ドラッグ&ドロップもOK)
2.早い!WEBから、コピペを探す
3.記事を選択すると自動で文節ごとに区切り細かく分かれた文章を徹底的にコピペがないかチェック!
4.要望が多かったレポート機能を用意
※外注のライターなどに共有!

「CIA Shadow」と「コピペリン」のどちらがおすすめか?

「CIA Shadow」と「コピペリン」の大きな違いはその料金にあります。

「CIA Shadow」は1回買取で14,800円。
一方、「コピペリン」は年間6,480円(税込)。
ココだけ見ると、3年以上利用すると「CIA Shadow」の方が安いです。

しかし、とりあえず、使ってみようという人には「コピペリン」の方が良さげです。
ただ、問題はその機能と精度です。

「CIA Shadow」は「コピペリン」より1年以上後に販売開始されているので機能は上だと考えたいところです。
しかし、販売ページを見る限り、その違いは「CIA Shadow」が「2000文字を約15秒でチェック」ぐらいです。

「CIA Shadow」についての「評価」等の情報はまだネットにありません。
販売から1年近くなるのにどういうことでしょうか?

「CIA Shadow」と「コピペリン」のどちらがおすすめなのか?
これは実際に使ってみるしかありません。

しかし、「CIA Shadow」の販売責任者の片桐 健氏(クリアイズム有限会社)の評判を調べてみると、過去に販売した情報商材が詐欺商材と言われているようです。

今回は「コピペリン」を購入しようと思います。
記事・文章コピペチェックツール「コピペリン」
購入後のレビューは後日、記事にしてアップの予定です。

スポンサードリンク

アフィリエイトの関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ