PRIDE(プライド)の評判は?2018年以降も稼げるかを検証!

PRIDE(プライド)は2013年の6月の販売開始から5年以上売れ続けている人気教材だ。
キャッチフレーズは「資産構築型トレンドアフィリエイト」。
PRIDE(アフィリエイト)の評判は?
2018年以降も稼げるかを検証してみた。

「資産構築型トレンドアフィリエイト」とは?

“トレンドアフィリエイト”と言えば、今まさに新しく生まれた旬のキーワードで記事を作成する、というイメージがあるが、これはショートトレンドだ。

ショートトレンドには以下のメリット・デメリットがある。
[メリット]
・新しいキーワードなので検索結果で上位表示しやすい
・上位表示されると爆発的なアクセスが集まることが多い。

検索結果で上位表示されるとアクセスが集まることが経験できる。
結果、収益も生じやすい。
これらは初心者アフィリエイターにとって成功体験になり、モチベーション維持に繋がる。

[デメリット]
・その時しかアクセスが集まらない。結果、絶えず新しいキーワードで記事を書き続けなければならない。いわゆる量産だ。
・キーワードの選択を誤ると、競合だらけになる。

結果、挫折する。
トレンドアフィリエイトで挫折するアフィリエイターが多い所以だ。

では、「資産構築型トレンドアフィリエイト」とは何か?
一度、記事を作成すると、その記事が、その時だけでなく、その後もアクセスを集め続けてくれる。
従って、記事を量産しなくても良い。

PRIDE(プライド)の作者、戸井邦夫(KT)氏は、以下の様に言う。

月にたった4記事しか更新していないニュースブログで毎日3000PVものアクセスを集め、ほぼ自動で8万円を稼ぎ続けてきた、今までにない全く新しいトレントアフィリエイトノウハウです。

PRIDE(プライド)とはどういう教材なのか?

教材の内容は以下の通り。

PRIDE(プライド)教材

詳しい内容はLPで紹介されている。⇒PRIDE(プライド)

ダウンロード版 PDF883P 動画コンテンツ:40分39秒

PDF883Pはそんなに多いと思える量ではない。

マニュアルは最低でも3回は目を通す必要があるだろう。
実践しながら順に読む方法も1つだが、私は全体を俯瞰する意味で、最初は一通り目を通すことにしている。

私は2日で「別冊07」以外は一度目を通した。

PRIDE(プライド)では、WordPress(ワードプレス)を使ってサイト(ブログ)を作成する。
※ショートレンジを狙う時は無料ブログを推奨している。

そして、主なキャッシュポイントはGoogleAdSense(グーグルアドセンス)だ。

従ってグーグルアドセンス教材と言っても良い内容だ。
その証拠に「グーグルアドセンス申請マニュアル」(PDF174ページ)が付いている。

グーグルアドセンスを基本にしているのは、アフィリエイト初心者が稼ぎやすいからだ。
これは、トレンドアフィリエイト教材「下剋上∞」も同じだ。

LPでは、「あなたのすることはたったのこれだけ」とあるが、勿論、”これだけ”ではない。

PRIDE(プライド)これだけ

アフィリエイトサイトはキーワード選定が命だ。
PRIDE(プライド)では、”Professional Final”というツールを使ってキーワードを抽出する。

このキーワード抽出がPRIDE(プライド)のノウハウの肝だろう。
他の教材にない考え方でキーワードを探す。
※キーワードにはショートレンジ、ミドルレンジ、ロングレンジがある。

ただ、PRIDE(プライド)では、ツールでは見えないキーワードの探し方も提案している。
これも、他の教材にない視点と言える。

キーワードが決まると次はライバル調査だ。
これも、どのアフィリエイト教材に書いてあることだ。

そして、記事作成。
記事の書き方については他の教材(私が見た)より詳しいと思う。

「実際に稼いでいる私の記事 人気順10」も公開されている。
ただ、この記事は、この程度で良いの?と言うレベル。

キーワードが効いているのだろう。

PRIDE(プライド)はマニュアルのみの教材ではない!

PRIDE(プライド)はマニュアルのみの教材ではない!
どういうことか?

LPでは紹介されていないのですが、PRIDE(プライド)ではフォロー体制が充実しています。
要は売りっぱなしの教材ではない、ということです。

まず、

PRIDEコミュニティがあります。
PRIDEコミュニティは無料会員と有料会員がありますが、無料会員に登録しました。

フォーラムでは会員が交流会(ミニ勉強会)の呼びかけをしたりしており、PRIDE(プライド)実践者と横のつながりが持てるんですね。
これには無料会員も参加できるようです。

アフィリエイトは基本、孤独な作業なので、同じマニュアル実践者との交流は情報交換と共にモチベーションを高めるきっかけになるので、良いことだと思います。

ふたを開けてみて「へ~」と思いました。

音声対談では、実践者が赤裸々に売上やサイト数等を語っています。

また、LPに掲載のある特典以外にも以下の特典(PDF)があります。

・ヘイジ流キーワード選定方法【最新版】
・ヘイジ流ウェブライティング術【最新版】
・ブログ運営で陥りやすい16個の設定ミス
・ヘイジ流記事作成時間短縮術

まだ、全部は読んでいませんが、「ヘイジ流キーワード選定方法」は参考になりました。

PRIDE(プライド)でいくら稼げるのか?

PRIDE(プライド)の教材誕生のきっかけは、KT氏の無料レポート「たった1つのブログで月に4記事書くだけで月8万円稼いでいるブログアフィリエイトの手法をあなたに伝授します!」ですが、これだけ見ると、月8万円しか稼げないノウハウかと一瞬思いますが、全く違います。

記事を書けば書く程、報酬が積みあがるのがPRIDE(プライド)です。

その実情は前述した音声対談で明らかにされています。
・あさおさん たった1つのブログで月100万円以上稼ぐ男
・田畑さん たった一つのごちゃまぜブログで月100万円稼ぐ男
・外注なし!アドセンスだけで月収80万円!株式会社を設立した男
・3ブログで月300万円以上稼ぐ若手社長

まだ、全部の音声対談は聞いておりませんが、最後の「3ブログで月300万円以上稼ぐ若手社長」にはビックリ。

アドンスで200万円、楽天で100万円(売上は1億円)合計300万円を稼いでいるのだとか。

ただ、私が聞いた範囲では、2018年の音声対談がありません。
PRIDE(プライド)は2018年以降も稼げるノウハウのでしょうか?

PRIDE(プライド)は2018年以降も稼げるのか?

これに関しては、PRIDE(プライド)は2018年以降も稼げるノウハウだと言えます。

キーワードを探し、記事を書く。
ここは全く変わりません。

ブラックハットのSEOをするわけではないので、Googleの検索アルゴリズムの影響をを受けない手法だと言えます。

但し、2017年12月に健康・医療アップデートがありましたので、この分野ではキーワード選定によっては、上位表示は難しいです。

しかし、健康・医療分野以外にもキーワードは五万とあるので何ら問題はないでしょう。

PRIDE(プライド)は2013年の6月の販売ですが、その後、バージョンアップされているので、現状と会わない内容については修正されているようです。(全てではない)

1日30分の作業時間で稼げるのか?

最後にLPに「1日30分の新感覚トレントアフィリエイト」と言う記載がありますが、この”1日30分”は疑問です。

PRIDE(プライド)1日30分

最後のQ&Aにも以下の記載があります。

しかし、キーワード選定⇒ライバルチェック⇒記事作成が30分で済むとは思えません。

各々30分でも1時間半。

記事は1000文字以上が推奨されていますが、音声対談では稼いでいる人の文字数は1500~3000文字くらいなので、記事作成だけで1時間以上かかるのではないでしょうか?

この部分については納得できませんが、マニュアルそのものはやることがはっきりしているので取り組みやすいと思います。
PRIDE(プライド)

スポンサードリンク

アフィリエイトの関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ