「ランサーズ」記事作成外注の評判・口コミ

会社の予算消化の為、記事作成を「クラウドワークス」に外注した。
ところが、決算月である9月に納品できる記事数に限りがあるという。
そこで、同じくクラウドソーシング会社の「ランサーズ」に記事作成を依頼することにした。
クラウドソーシング会社「ランサーズ」で記事作成を外注した評判・口コミです。

「ランサーズ」Lancers業務委託プラン

クラウドソーシング会社で記事作成を外注する方法はどこも同じ。
基本、発注者とライター(名称は会社によって異なる)のやりとりになる。
しかし、これは記事作成の外注を初めて行う初心者に敷居が高い。
又、大量発注する場合、手間。

そこで、「クラウドワークス」では、「コンテンツライティング一括請負サービス」を利用した。(⇒「クラウドワークス」記事作成外注の評判・口コミ

「ランサーズ」の場合、Lancers業務委託プランというものが元々HPに謳ってあるので分かりよい。

「ランサーズ」に登録後、問合せを行った。(8/25)

「ランサーズ」担当者より電話

8月27日に担当者から電話があった。
※日にちが空いているのは、土日は休業日の為。

電話でスケジュールをメールで教えて欲しいと伝えたのだが、メールが一向に来ない。
迷惑メールもチェックしていたが、ない。

そこで、着信のあった電話番号に電話をした。(9/1)

すると、メールは前回の電話後、送信したという。
再度、確認すると、迷惑メールに8/28付けでメールが届いていた。

9/4(月)にスカイプでディレクターも交えて打合せをしたい、というので了承。

スカイプで打合せ

スカイプで音声&映像のやり取りをするのは久しぶり。
それにしても、Skype IDを尋ねてこないが、大丈夫なのか?
そう思っていたら、当日にSkype IDを尋ねるメールが届いた。

画面に2人映っている。
こちらの映像も出さなくてはならない。
が、こちらの映像の確認が出来ない。

ディレクターは「ランサーズ」の下請け?のクオント株式会社の社員。

スカイプでこちらの希望する内容をファイルを送信しながら、伝える。
ただ、音声が良くない。
これでは打合せがスムーズにいかない。

ということで、スカイプを中断。
今後はメールでやり取りをすることにする。

「ランサーズ」納品可能記事数

一番の問題は、9月中納品が可能かどうかと言う点。
それに対して、「ランサーズ」は1000記事納品可能だと。

記事のテーマ、記事数や記事サンプルもまだ準備できておらず、9月末まで1ヶ月切っているにもかかわらず、大丈夫だという。

3年前の決算の時に確認したら、記事納品は1ヶ月~1.5ヶ月かかると言われ発注を断念したことがあるのだが、状況が変わったのか?

いずれにしても、「クラウドワークス」と違い、随分と機動力があるようだ。
しかし、安心はできない。

記事のテーマ、記事数及び記事見本を提出したが連絡なし

記事のテーマ、記事数や記事サンプルの提出は連休明け(9/18?)でも9月納品できる、と言う話だったが、大丈夫なのか?

そこで、余裕を持って記事作成を進めてもらいたいので、9/7(木)に提出した。
ところが、担当者から連絡なし。

そればかりか、同日、ディレクターから以前スカイプで打合せをした内容について確認のメールが届いた。

担当者とディレクターとで情報(メール)の共有はされていないのか?

念の為、担当者に送信したメールをディレクターに転送。

翌日(金)も何ら連絡もナシ。

そこで、翌週の月(9/11)にディレクターに確認メールを送る。
担当者には、以前送信したメールに関する返信が来ないので、問合せのメールを送る。

その後、30分程してディレクターからメールが届く。
ただ、返信メールではないので、どのメールに対する返信かは不明。

いずれにしても、今後の連絡はディレクター宛になる模様。
ただし、「お見積りまで」とある。

ディレクターより”本日中に確認事項”の送付があり、”早ければ本日遅くとも明日までにお見積りを算出”する予定とのこと。

依頼している記事数は300なのだが、9月中に納品できるのか、今後の展開は追記ないし、新たに記事にする予定です。
記事作成代行サービス比較

スポンサードリンク

作業の関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ