ASP横断検索ツール「ASPCROSS」は詐欺ツール?

私のアフィリエイトの肝は記事にどんぴしゃの広告を貼る事。
元々、グーグルアドセンスで稼いでました。
しかし、アドセンスのアカウントが無効になり、残ったサイトで売上を如何に上げるか?
そこで試行錯誤を繰り返して結果が出たのが、記事にどんぴしゃの広告を貼る事でした。(このノウハウについては無料レポートにまとめてあります。⇒万年、稼げないアフィリエイターが一念発起して、4か月目に月60万円のアフィリエイト売上を上げた方法
しかし、この為には複数のASPに登録し、各ASPごとに広告があるかどうかをチェックしないとなりません。
これって結構、面倒なんですよね。
最近、それが一発でできるASP横断検索ツール「ASPCROSS」を知りました
ASP横断検索ツール「ASPCROSS」は詐欺ツール?

ASP横断検索ツール「ASPCROSS」販売者

ツールや情報商材には詐欺的なものもあるので、「販売しているのは誰か?」「開発者は誰か?」「推薦しているのは誰か?」は購入前にチェックする必要があります。

販売者(販売業者)に関しては、「特定商取引法に基づく表示」に記載があります。

「ASPCROSS」の販売業者は「出口 智」さん。
会社(法人)が多い販売業者には珍しく、個人です。

「出口 智」さんは「ASPCROSS」以外に「らくらくサイトツクール&テキストミキサー」や「プレシャスキーワードツール」等を販売しています。

ただ、あまり情報が出てこないですね。

ASP横断検索ツール「ASPCROSS」とは?

「ASPCROSS」の販売ページは、ちょっと訳がわからない作りになっています。

要は同じ広告案件でもASPによって単価が異なり、貴方は知らない間に損してますよ、という事を言いたいようです。

そこで、登場するのが「ASPCROSS」。

1個1個ASPで広告を調べなくてもキーワードを入力すると複数のASPの広告案件が一覧表示するという優れものです。

ただ、単価が高ければ報酬が増えるかというとそう単純な問題でもありません。

同じ広告案件であっても、ASPによって使えるバナーやテキストリンクが異なります。
それ以前にサイト承認が必要な場合、ASPによって一方は「承認」、一方は「拒否」なんてこともあります。

さらに理由は分かりませんが、ASPによって、クリック率や承認率が違う場合もあります。

単価は勿論、高いにこしたことはありませんが、私としてはそれ以前に記事にあった広告があるかどうかを一発で調べられるというの一番の魅力です。

広告単価が考えるのは、実際に成果が上がってからだと思います。
ASPにしても、売上の多いアフィリエイターが何かと優遇されますので、売上が上がっているASPの売上を上げた方が良いと思います。

「ASPCROSS」は詐欺ツール?

販売ページからは、詐欺の兆しはありません。
しかし、販売ページが当てにならないのは情報商材の常です。

というわけで、「ASPCROSS」が私の期待する要求に応えてくれるのか、実際に購入して、チェックしたい思います。

「ASPCROSS」の実際の使用感等の口コミは後日、公開の予定です。

ASP検索横断ツール「ASPCROSS]

スポンサードリンク

ASPの関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ