Webサーバー処理速度No.1を宣伝するレンタルサーバー「ConoHa WING」を契約した。
早速、Xserverで管理しているWordpressサイトの1つを「ConoHa WING」の「かんたん移行」ツールを使い、移転してみた。
「ConoHa WING」の「かんたん移行」ツールを使ったのサイトの引っ越し方法を分かりやすく解説します。

サイトの移転方法

サイトの移転方法には3つの方法がある。

●レンタルサーバーの「かんたん移行」ツールを使う。
●FTPソフトを使う
●Wordpressのプラグインを使う

個々の詳しい説明は省略するが、一番簡単なのが、レンタルサーバーの「かんたん移行」ツールを使う方法。

但し、「かんたん移行」はWordpressサイトの移行ツールだが、名前はレンタルサーバーによって異なる。
※Xserverでは「Wordpress簡単移行」。

ConoHa WING「かんたん移行」ツールでサイトの引っ越し手順

ConoHa WINGの「かんたん移行」ツールを使ったWordpressサイトの引っ越し手順は、ConoHa WINGお乗換えガイドに記載がある。

但し、ここでは実際に私が実行した手順で説明することにする。

①申込
②ドメイン設定
③「かんたん移行」ツールでサイトを移行
④動作確認
⑤ネームサーバーの情報設定
⑥独自SSL設定

申込

ConoHa WINGの申込は、ConoHa WING のトップページの「お申し込み」又は「今すぐお申し込み」から行う。
※いずれも申込ページが開く


▶ConoHa WING公式サイト⇒ConoHa WING

ドメイン設定

ConoHa WINGの管理画面(コントロールパネル)には、登録したメールアドレスとパスワードでログイン。

左端のメニューから「サーバー管理」クリック。
次に「ドメイン」をクリック。

「ConoHa WING」コントロールパネル

右上の「+ドメイン」をクリックすると、以下の入力画面が表示。

ConoHa WINGドメイン

ドメイン追加

「新規ドメイン」か「サブドメイン」を追加は追加

ドメインを入力してください

「新規ドメイン」の場合には「http(s)://ドメイン/」の「ドメイン」、サブドメインの場合は、「▲▲.ドメイン」となる。

無料独自SSL

「無料独自SSL」を利用できるのはネームサーバーの設定後。
この時点で「利用する」を選択してもエラー表示が出る。

ConoHa WING無料SSL失敗

従って、「利用しない」を選択。
ドメインの設定が性交すると、下の一覧表に設定したドメイン名が表示される。

「かんたん移行」ツールでサイトを移行

ConoHa WINGのコントロールパネルの左のメニューから「サイト管理」をクリック。
「サイト設定」→「アプリケーションインストール」を選択後、「+アプリケーション」をクリック。
以下の入力画面が表示される。
※インストールをする前にチェックすべきポイントがある。インストール前のチェックを怠ると、サイト移転に失敗する可能性がある。インストール前にチェックすべきポイントは別記事参照。

ConoHa WINGアプリケーションインストール

アプリケーション

「Wordpress」を選択。

インストール方法

「かんたん移行」を選択。

バージョン

「4.9.12」か「5.3.0」のいずれか。
自分のWordpressサイトのバージョンを選択。

サイトURL

「wwwあり」か「wwwなし」を選択。
通常は「wwwなし」。
その下に「http(s)://ドメイン名/」に続き、空欄があるが、これはサブディレクトリーにWordpressをインストール場合に、フォルダ名を入力すうr。

移行元ユーザー名・移行元バスワード名

いずれも移行元のWordpressにログインする時のユーザー名とパスワード。

データベース名

予めデータベース名とユーザー名が入力されている。
任意なので別の名前に変えても良いが、そのままでも問題はない。

パスワード

データベースのphpMyAdminの管理画面にログインする時のパスワード。
任意に設定。

以上を設定すると以下のようになる。

ConoHa WINGアプリケーション入力

下部の「保存」をクリック。

動作確認

ConoHa WINGへのサイト移行後にサイトが正常に表示されるかを「動作確認URL」で確認。

「サイト管理」→「サイト設定」→「基本設定」→「動作確認URL」
「動作確認URL」をクリックし「利用設定」を「ON」にすると、「動作確認URL」が表示される。

ConoHa WING動作確認

「動作確認URL」をクリック。
サイトが正常に表示されればOKだが、正常に表示されない場合がある。
私の場合は、デザイン(CSS)やテーマが反映しないという問題が発生。

「動作確認URL」でサイトが正常に表示しない原因

その場合、以下の原因が考えられる。

●hosts
●Wordpressのプライグイン
●PHPのバージョン
●その他

最初に試みるべき方法は「hostsの編集」。

hostsの編集

ConoHa WING_hosts

詳細はConoHa WING「ご利用ガイドhostsを設定してWebサイトの動作確認をする」に記載。

hostsファイルの最下部にConoHa WINGのIPアドレス+移行するサイトのドメインを記述。

(例)111.222.333.444 example.com

サイトが正常に表示したら追加した記述を削除。

ネームサーバーの情報設定

最後にネームサーバーの設定だ。
これはそのドメインがどのサーバーにあるかを設定するもの。
ドメインの管理業者のサイトから行う。
私の場合、お名前.com、Xドメイン、ムームードメイン等を使っている。

Xドメインのネームサーバー変更

Xドメインの場合、XSERVERアカウントから、「ドメインパネル」に進む。
以下は、Xドメインの管理画面。

Xドメイン」ネームサーバー変更「その他のサービスで利用する」にチェック。
ネームサーバーの入力欄は5つあるが、2つで構わない。

Xドメイン」ネームサーバー変更

ConoHa WINGのネームサーバーを入力したら、「ネームサーバーの変更(確認)」をクリック。

ConoHa WINGのネームサーバーはどこに記載?

ConoHa WINGのネームサーバはコントロールパネル左のメニューの「DNS」を開き、ドメインリストからネームサーバーを変更するドメインをクリック。

NS(図の赤い箇所)にネームサーバーを記述されている。

独自SSL設定

上記のネームサーバーの変更で、サイトの移行手続きは終了だ。
後は、独自SSL設定だ。

但し。独自SSL設定はサイトの移行手続き終了後にすぐには出来ない。
ネームサーバーの書き換えに24時間から72時間かかるという。
※これについて詳しくは別記事参照

独自SSL設定はコントロールパネルの左のメニュー「サイト管理」→「セイトセキュリティ」→「独自SSL」→「無料独自SSL」をクリック。

「利用設定」の「OFF」を「ON」にするだけ。

ConoHa WING無料独自SSL設定

但し、ネームサーバーの切り替えが済む前に「ON」にしようとすると、以下の警告が出て、「ON」にはならない。

ConoHa WING無料SSL失敗

15分から30分程、時間を置いて、再度設定の必要がある。
ConoHa WING

SEOテンプレート【賢威】
今、本当に必要なSEOノウハウがつまっています! 圧倒的な実績と信頼「賢威(けんい)」が過去最大のバージョンアップ! 詳細>>2万人を超えるユーザーが選んだSEOテンプレート【賢威】