WordPressのプラグインのWordPress Popular Postsの保存ができない、Post Snippetsを修正して保存しようとするとエラーメッセージが出る、追加CSSを修正して保存しようとするとエラーメッセージが出る、といったことはありませんか?
この保存できない問題は、サイトを別のレンタルサーバーに移転した後に起こり始め、原因はいずれも同じでした。
WordPressのプラグイン・追加CSSの保存が出来ない時に解決した方法をご紹介します。

WordPress Popular Postsは保存できない

WordPress Popular Postsは人気記事を表示してくれるWordPressのプラグインです。

通常は、一瞬で「保存」出来ますが、グルグルと回って、いつまでたっても保存できない、といった症状が発生しました。

Post Snippetsを保存しようとするとエラーが出る

Post Snippetsを保存しようとすると以下のエラーメッセージが出ました。

Post Snippets保存できない
ドキっとしますね。

追加CSSを保存しようとするとエラーメッセージが出る

追加CSSを修正して、保存(「公開」をクリック)しようとすると以下のエラーメッセージが出ました。

追加CSS保存できない

元に戻ろうとすると、さらに以下のメッセージが表示されます。

追加CSSサイトを離れますか?

WordPressのプラグイン・追加CSSの保存が出来ない時の対処方法

修正前に戻す

とりあえず、修正前に戻すには2つの方法があります。

●更新ボタンをクリック
●元のページに戻る(←)

上記の操作を行うと、修正はなかったことになり、元の状態に戻ります。

ちなみに、更新ボタンをクリックすると、以下のメッセージが表示します。

追加CSSサイトを再読み込み

 

いずれも、「このページを離れる」「再読み込み」をクリックして下さい。
とりあえず、エラーメッセージは表示されなくなります。
※但し、修正もできません。

では、修正をするにはどうするのか?

WAFをOFFにする

プラグインや追加CSSを保存できない原因はWAFにありました。

WAFとは、Web Application Firewall (ウェブアプリケーションファイアウォール)の略で「ワフ」と読みます。

WordPressのプラグインの脆弱性を突いた攻撃からサイトを守る為のセキュリティシステムです。

移転したレンタルサーバーのセキュリティを調べてみると、WAFがONになっていました。

以下はサーバー処理速度No.1のレンタルサーバー「ConoHa WING 」の管理画面です。

WAF

「利用設定」をOFFにします。

プラグイン等の保存が完了したら、WAFをONに戻します。

 

高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』
月額990円(税込)から、大容量300GBからの高コストパフォーマンス! 安定のサーバー稼働率99.99%以上 ・マルチドメイン・メールアドレス無制限! 詳細>>エックスサーバー