レンタルサーバーは今まで複数使ってきた。
コアサーバー、エックスサーバー、ロリポップ、さくらインターネット、mixhost、ネットオウル、ConoHa WING。
実際に使ってみると、HPの記載やネットの口コミ評判では見えない部分が見えてくる。
勿論、各レンタルサーバーにも色々なプランがあるので、私の評価が全てではない。
あくまでも私が使ったプランでの評価だ。
しかし、私の中では今後も使いたい(人に勧められる)レンタルサーバーと二度と使わない(人に勧められない)レンタルサーバーがあるのは事実。
ここでは、二度と使わない(人に勧められない)レンタルサーバーについてその理由を公開します。
今後も使いたい(人に勧められる)レンタルサーバーは⇒レンタルサーバーおすすめ3選比較【2020年】使って分かった一押しサーバーは?

レンタルサーバー評価のポイント

私が現在、レンタルサーバーを評価する時のポイントは以下の項目。
※小規模WordPressサイトが前提

●料金
●管理画面の使いやすさ
●サイトの表示速度
●サポート体制
●WordPressのインストールのしやすさ
●WordPressサイトの移転(引越し)のしやすさ

▶これらについて詳しくは⇒レンタルサーバー評価のポイント

では、私が使って後悔した今後は使わないレンタルサーバーの理由を説明します。
後悔

コアサーバーのメリット・デメリット

コアサーバーを選んだ理由

コアサーバーを使うきっかけは以前、携帯アフィリエイトのマニュアルを購入した時にコアサーバーが推奨されていたため。
他のレンタルサーバーを利用する場合は、自力で導入するしかないので、レンタルサーバーの経験値が少ない初心者にとっては、推奨するレンタルサーバーを使うしかなかった。

コアサーバーの問題点

サイト作成には独自ドメインとレンタルサーバーの契約が必要だが、そのマニュアルで推奨していたドメイン業者はバリュードメイン。
バリュードメインもコアサーバーも元は同じ会社だ。

支払方法が面倒

どちらも非常に面倒だったのが支払い方法。
一旦、クレジットでポイントを購入してそれで支払う。
何でこんな二度手間なことをするのか疑問だった。

サーバー障害でアフィリエイト報酬0円

さらに私がコアサーバーの契約解除に至るとんでもない事件があった。
ある日、サイトを見るとソースが表示されている。
その日が土日だった為、回答は月曜以降になったが、判明したのが、コアサーバー側でメンテナンスを実施した時に不具合が生じたようだ。

土日+復旧までの期間、私のアフィリエイト報酬はゼロになったが、何の保証もなし。
お詫びの一言もなかった。

ユーザーに損害を与えるレンタルサーバーは問題外。
その後、コアサーバーを解約した。

●[オススメ度]おすすめしません!

さくらインターネットのメリット・デメリット

さくらインターネットを選んだ理由

IPアドレス分散ということも視野に新しく契約したのがさくらインターネット。
レンタルサーバーとしても有名どころに入り、料金も手ごろ。

さくらインターネットの問題点

WordPressはサブディレクトリーにインストール

最初に使いずらいと思ったのは、ワードプレスのインストール。
ワードプレスのデータを置く場所が、ドメイン直下ではなく、「○○」というフォルダを設定しないといけない。

さらにワードプレスのデータベースを作成する時、データベース名をいちいち入力しないといけないのも面倒。

プラン変更が出来ない

私が契約しているプランより表示速度が速いと言われるプランが出来た。
しかし、プラン変更が出来ない。
新たに新プランと契約し、今のプランを解約しなければならない。

期間限定で料金が安くなるキャンペーンをやっていたが、先延ばしにしていたら、キャンペーンが終了してしまった。

サイト表示速度は早くない

さくらインターネットで管理していたサイトをその後、エックスサーバーに移したら、スコアが良くなった。

●[オススメ度]ワードプレスサイトを作成する方にはオススメしません。

mixhostのメリット・デメリット

mixhostトップページ

mixhostを選んだ理由

レンタルサーバーは基本、マルチドメインだ。
しかし、ドメイン数が許容範囲でもファイル数が一定数をオーバーするとパフォーマンスが低下する。

エックスサーバーの1アカウントで18個のドメインを管理した結果、総ファイル数が「快適にご利用いただける目安を超えています。不要なファイルの削除をお願いします。」という表示が出た。

そこでエックスサーバーのもう1つのアカウントにドメインを移行しようとしたが出来なかった。

それでさくらインターネットに移行しようとするがうまく行かない。

そんな時、大御所アフィリエイターがmixhostを高機能レンタルサーバーとして推奨していたので、使ってみた。

mixhostの問題点

管理画面が使いづらい

まず、管理画面も契約画面とCパネルのログイン画面が別で使いづらい。

サイト表示速度は速くない

mixhostは、サーバー表示速度が速いという話だったが、期待したほど速くなかった。
というか遅い。

エックスサーバーでスコアが低いサイトをmixhostに移転したみたが、PageInsight Speedのスコア変わらず。
これでは移転した意味がない。

ConoHa WINGにサイトを移転した大幅にスコアがアップした。

●[オススメ度]どちらとも言えない。

「レンタルサーバー」関連記事