サイト作成にはレンタルサーバーとドメインが必要*です。
レンタルサーバーは複数の業者が複数のプランを提供しています。
レンタルサーバーは何を選べばよいのでしょうか?
ここでは、WordPress(ワードプレス)サイトが作成できるレンタルサーバー+安いという観点からおすすめのレンタルサーバー3つを厳選。
3つのレンタルサーバーを徹底比較しました。
*レンタルサーバーを契約するとサブドメインを1つもらえるので、独自ドメインに拘らなければ、レンタルサーバー代だけで済みます。

レンタルサーバーの選び方

レンタルサーバーを選ぶ時のポイントは、いくつもありますが、WordPress(ワードプレス)サイトを念頭に置いた場合、以下のポイントが大事だと考えています。

●WordPress作成可か?
●WordPressのインストールは簡単?
●サポート体制は?
●速度は?
●セキュリティは?
●管理画面の使いやすさは?
●料金

WordPress作成可か?

レンタルサーバーのプランには、WordPress可のプランと不可のプランがあります。
そして、WordPress可の場合、データベースをいくつまで作成可能かも大事です。

WordPressのインストールは簡単?

今や、WordPressクイックインストール機能は大抵のレンタルサーバーに付属しているので、これに関しては問題ないです。

但し、通常、WordPressのインストールはどの階層にも可能ですが、さくらインターネット場合は、WordPress専用フォルダが必要になるので、この点、注意が必要です。

サポート体制は?

何かトラブルが発生した場合、レンタルサーバー業者に問合せを行った場合のサポート体制。
レスポンスが早く、親切なのはエックスサーバーです。

表示速度は?

表示速度の関しては、どのレンタルサーバーのHP上には「高速」と謳っているので、表面上は同じです。
しかし、実際に”表示速度が速い”かどうかは、レンタルサーバーだけの問題ではないので、判断が難しいところがあります。
ネットでは「●●レンタルサーバーが速い」という情報もありますが、鵜呑みにするのはどうなんでしょうか?

面白いのはエックスサーバーの「シン・レンタルサーバー」です。
「国内最速*」謳っており、”「シン・レンタルサーバー」は革新性、「エックスサーバー」は安定性に重点を置いたサービス”としています。
*サーバー処理速度

セキュリティは?

セキュリティとはレンタルサーバーそのものの脆弱性です。
ロリポップは過去にハッカーによるサイバー攻撃を受けた過去があり、多くのサイトが改ざんされました。
ワードプレスの場合、バージョンアップで対応していますが、レンタルサーバーも業者が脆弱性に対して万全な対策を行っているかが重要です。

管理画面の使いやすさは?

管理画面の画面の使い勝手に言えば、一番良いのはエックスサーバーです。
ストレスなく使用することが出来ます。
管理画面の画面の使い勝手は個人差がありますが、ストレスを感じるようなら無料お試し期間*中に解約して他のサーバーに乗り換えるのもありです。
*レンタルサーバーでは基本的に無料お試し期間があります。
但し、無料お試し期間が無い場合もあります。

料金

レンタルサーバーの料金は業者及びプランによって異なります。
初めてレンタルサーバーを契約してワードプレスサイトを作成する場合、安いレンタルサーバーを捜すのは自然です。

以上の「レンタルサーバーの選び方」を踏まえ、コストパフォーマンスの良い安いレンタルサーバーおすすめ3選をご紹介致します。

安いレンタルサーバーおすすめ3選

エックスサーバー

エックスサーバーは、18年間のサーバー運用実績、220万以上のサイト運用実績、創業以来99.99%以上の稼働率を堅持しています。
エックスサーバーは私の中では一押しのレンタルサーバーです。
一番気に入っているのはサポート体制。

分からないことやトラブルがあっても、24時間365日の安心サポート!
国内シェアNo.1を誇るノウハウでサポートしてくれます。

年間(12か月)契約で月額1,100円(税込)、年額13,200円(税込)
初期費用は通常3,300円のところ、12月以上の契約で0円*!
*※2022/4/7 18:00 – 2022/5/12 18:00までのキャンペーン価格が適用されています。
データベース(WordPressサイト作成)は無制限。
さらに独自ドメイン永久無料特典(年額1200円前後相当)が付いています。

「エックスサーバー」プラン

エックスサーバー

さくらインターネット

さくらインターネットはレンタルサーバーの老舗です。
エックスサーバー同様、様々なプランがあり、WordPressサイト可能なのはスタンダードプランから。
月額524円ですが、年間一括だ5,238円と月払いより約2ヵ月分お得!
*WordPressサイト(データベース)が50個作成可
「さくらインターネット」プラン
さくらのレンタルサーバ

ロリポップ

ロリポップの場合も複数のプランがありますが、WordPress作成可能尚はライトプランから。
「ロリポップ」プラン
一覧表には「月額220円~」とありますが、これは36ヶ月契約の場合の月割り金額。
ロリポップと言えば昔は安いレンタルサーバーが売りでした。
勿論、それは今も変わりませんが、料金よりも内容に力を入れているようで、「長期契約で安い」プランになっています。
ロリポップでは契約期間によって月額料金が異なります。
1ヶ月だと440円、12か月だと330円×12か月=3,960円+初期費用1,650円=5,610円となり、1年契約ではさくらインターネットより高くなります。
尚、ライトプランはデータベースは1個のみです。
サポートは付いていません。

ロリポップ

安いレンタルサーバーおすすめ3選比較【まとめ】

安いレンタルサーバーおすすめ3選比較のまとめ記事です。

安いレンタルサーバーおすすめ3選比較一覧表

レンタルサーバー名エックスサーバーさくらインターネットロリポップ
初期費用3,300円(2月以上の契約で0円)無料1,650円
月額料金(年額)~1,320円(13200円)524円(5,238円)~440円(3,960円)
容量300GB300GB200GB
データベース数無制限50個1個
無料お試し期間10日間2週間10日間
サポート体制◎24時間×
その他独自ドメイン永久無料特典
公式サイトエックスサーバー さくらのレンタルサーバ ロリポップ

特におすすめのレンタルサーバーは?

一番安いレンタルサーバーは?

一番安いレンタルサーバーは、さくらのレンタルサーバ のスタンダードプランです。
12か月契約(一括支払い)で年額5,238円(税込)。
但し、ワードプレスにインストール時にフォルダを作成する必要があるので、初めての方は戸惑うかもしれません。
慣れている方には問題ありません。

ロリポップも安いが?

「さくらインターネット」の料金に近いのが、ロリポップのライトプラン。
初期費用込で5,610円(税込)。
但し、データベースは1個のみ。
このプランにはサポートは付いていません。
ワードプレスのインストール的には「さくらインターネット」より簡単ですが、それ以上の魅力は感じられません。

コストパフォーマンスで選ぶなら

コストパフォーマンスで選ぶなら「エックスサーバー」です。
料金的には「さくらインターネット」の倍以上しますが、内容にあった料金と言えます。
さらに独自ドメイン永久無料特典付きなのでお得です。

結論的は料金で選ぶなら「さくらインターネット」、コストパフォーマンスで選ぶならエックスサーバー になります。

SEOテンプレート【賢威】
今、本当に必要なSEOノウハウがつまっています! 圧倒的な実績と信頼「賢威(けんい)」が過去最大のバージョンアップ! 詳細>>2万人を超えるユーザーが選んだSEOテンプレート【賢威】