クリック広告の最大手GoogleAdsense(グーグルアドセンス)では、「ads.txt」ファイルを設置しないでおくと、「ads.txt」の設置を促すメッセージが表示されます。
「ads.txt」とは何でしょうか?
「ads.txt」の設置は必要?
「ads.txt」を設置するメリット、設置しないデメリット及び「ads.txt」の接地方法について解説致します。

「ads.txt」とは?

GoogleAdsenseヘルプには以下の記載があります。

「ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB Tech Lab によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。」

※出典元:ads.txt に関するガイド【GoogleAdsenseヘルプ】

何だかよく分からい説明です。

男性はてな

「ads.txt」の設置は必要?

「ads.txt」の設置は必要については、上記のGoogleAdsenseヘルプには、次の文章が続いています。

ads.txt は、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

「使用する事を強くおすすめします。」とあり、強制ではありませんが、「ads.txt」は設置した方がメリットがあることを訴えています。

しかしながら、今一「偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリット」というのが良く分かりません。

ここでは、逆に「ads.txt」を設置しないデメリットを考えてみます。

「ads.txt」を設置しないデメリット

グーグルアドセンスでは、①サイト審査に合格したドメインにしかアドセンス広告は貼れません。
また、②GoogleAdsenseプログラムポリシーに違反すると、最悪、アカウントが停止となります。

これを逆手にとって、グーグルアドセンス狩りを行う輩がいます。
1つの手法は、例えば、他者が自分の所有するアダルトサイトに私のアドセンスコードを貼るという行為です。
※アドセンスコードはアドセンス広告が表示しているページを右クリックして「ページのソースを表示」を選択すると、確認できます。

この場合、上記の①②に該当しますので、アドセンスから警告ないし、最悪アカウントの停止処理を取られる可能性があります。

しかし、自サイトに「ads.txt」を設置していた場合、どうでしょうか?
「ads.txt」にはサイト運営者IDが記載されているので、そのサイトのドメインがアドセンスのサイト審査に合格しているかを確実に判別できます。

従って、仮に他者が私のアドセンスアカウントの停止を狙って、アドセンスプログラムポリシーに違反する他者のサイトに私のアドンセンスコードを貼っても、それに関しては、私のアドセンスアカウントに影響はない、ということになります。

以上は私の解釈です。

「ads.txt」の設置方法

「ads.txt」の設置方法は簡単です。

①「ads.txt」をダウンロード
②FTPソフトで、「ads.txt」をドメイン直下にアップロード

「ads.txt」をダウンロード

「ads.txt」をダウンロードはPC(ローカル)に保存。
ファイルの名前及び拡張子は変更しないでください。

FTPソフトで、「ads.txt」をドメイン直下にアップロード

FTPソフトでアップロード

ドメイン直下にアップロードということは、Wordpressの場合は、index.phpと同じ階層(場所)に「ads.txt」を置くという事です。

PC(ローカル)に保存した「ads.txt」をFTPソフトで、ドメイン直下にアップロードします。
尚、FTPソフトを使わないで「ads.txt」を設置することも可能です。

FTPソフトを使わないで「ads.txt」を設置する方法

レンタルサーバーのファイル管理画面で、ドメイン直下に「ads.txt」というファイルを新規作成し、中身をコピペして保存すれば完了です。

設置した「ads.txt」のURL

「ads.txt」のURLは、以下になります。
https://ドメイン/ads.txt

「ads.txt」ファイルを設置出来たかの確認

これは、検索エンジンのアドレスバーにhttps://ドメイン/ads.txtと入力して、ads.txtファイルの中身が表示されたら、OKです。

「ads.txt」が複数ある場合

例えば、GoogleAdsense以外に同じくクリック広告のAdMaxもサイトに掲載している場合、「ads.txt」ファイルに内容を追加すればOKです。

広告販売者が複数ある場合、各広告販売者ごとに「ads.txt」がありますが、「ads.txt」を複数アップするわけではありません。

「ads.txt」ファイルは1つのみ。
内容を追加するだけです。

高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』
月額990円(税込)から、大容量300GBからの高コストパフォーマンス! 安定のサーバー稼働率99.99%以上 ・マルチドメイン・メールアドレス無制限! 詳細>>エックスサーバー